ホーム > 福祉の事業 > さまざまな事業 > 乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)

福祉の事業

乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)

事業の目的

 こんにちは赤ちゃん事業は、枚方市内に在住する生後4か月までの乳児のいる家庭を対象として訪問し、乳児のいる家庭と地域社会をつなぐ最初の機会とすることにより、孤立化を防ぎ、乳児の健全な子育て環境の確保を図ることを目的としています。
 訪問においては、子育てについての様子や不安・悩みなどを聴き、子育てに関する相談機関や福祉サービスについての情報を提供します。特に、親子の心身の状況や養育環境等の状況から、支援が必要な家庭に対しては、より具体的に相談機関や福祉サービスの紹介を行い、その利用につなげるなどの支援を行います。

akachan.png

事業の内容

 この事業は、児童福祉法に基づく第2種社会福祉事業であり、実施主体である枚方市から受託して行っている事業です。
 原則として生後4か月を迎えるまでの乳幼児のいる全ての家庭を対象に、訪問員が1回訪問し、「母親の健康状態、育児状況等について」「乳児の発育状況について」「育児の不安、相談ごとについて」などを聴き取らせていただきます。

●問い合わせ
枚方市社会福祉協議会 地域福祉課
TEL (072)807-3017